転職先の会社を間違えた!にならなための事前にあなたがするべきことは?

自己分析をして、自分はこれをやるべきだと、未来の自分の仕事を決めました。

次は何をするべきか?
この転職活動における、自己分析というのは、企業のニーズを無視しておこなっても無意味な部分があります。

ですからどういったニーズがあるのか、という事も考えていくべきです。
それを考えてみた上で、どんな商品価値が自分にあるのか、何が出来るのか、といった事を深く掘り下げてみた上で、こういった仕事をやろうと考えていく方が受かりやすいです。

では、企業のニーズとはどのようなものなのか?
それを知るには求人情報を深く読み取る事です。
つまり企業分析です。


相手が求めているものを深く分析する事になります。
これをする事により今、現在、転職市場で、どのような人材が求められているのかが見えてくるでしょう。
見えてきたら、「あなたが求められている人材なのか?」を考え、自分のどの部分をアピールしたら良いかを考えましょう。

もし、あなたにアピールするものが見つからなければ、企業のニーズにどうすれば自分を合わせる事ができるかを考える事が大事です。

どの部分が今の企業のニーズに合うかを考えれば、あなたのアピールポイントは出てくるでしょう。




企業が求めている人材を分析し、自分という商品を宣伝する

転職活動において、まずは自己分析で、自分のやりたい事を決めます。
これが大事な事です。
こういう仕事がいい、自分の適性、能力がそこに向いているようだ。
そこでどんな仕事がいいかを探して決めました。

次に、「企業がどんな人材を求めているのか?」を分析して自分と相手の希望とをすり合わせていく事を考えていけば上手くいきます。

求人欄にある、相手が求めている能力やスキルに注目してみましょう。
良く書かれている言葉は「コミュニケーション能力の高い方」です。

その、コミュニケーション能力は一体、仕事のどんな場面で使うのでしょうか。

想像をしてみて下さい。
仕事で、コミュニケーションをする場面は、クライアント(発注者)や同じ部署、また下請けに発注する際の外部の業者との打ち合わせ等が考えられます。
その打ち合わせの場面では、それぞれの立場からの要望を把握し、とりまとめて、伝えるべき事をしっかり伝達する能力が、求人をしている相手があなたに求めている能力になります。

求められている「高いコミュニケーション能力」を使って仕事をする。
そして、実際にそれはどのような場面で使われるのか?
「コミュニケーション能力」を使って良かった事も、これまでの経験から思い出して具体的に考えてみて下さい。

仕事内容と、なぜ、そこで求められている能力なのかを考える。
そして、その能力はどんな場面で使うものなのかについてイメージする事が、あなたの自己分析と企業分析のコツです。

記されている募集条件を、ただ一読して受け止めるのではなく、その裏を想像してみる事が大事です。
なぜ、この能力が募集条件として書いてあるのか。
求人を出している企業の採用担当者には、なにを伝えれば、あなたが相手のニーズに合っている人間だと思ってもらえる事が出来るのか。
募集条件にある能力を使って仕事をする時の事を想像してみて下さい。

あまり難しく考える必要はありません。
採用されて、未来の自分の姿、つまり理想のあなたになり切る事を楽しむぐらいの気持ちでいて下さい。
大事なのは、相手のニーズに合っている、あなたという商品を売り出していく事です。
先ほども自己分析をしていただきましたが、相手のニーズ、企業分析も必要です。

「なぜ」この能力は特に求められているのか、その能力を使ってあなたは仕事の場面でどのように活躍するのか。
募集条件によく書かれている、「歓迎するスキル」は流し読みをしないで、しっかりと考えて下さい。





自分と転職先の会社の相性を調べる方法

自己分析、企業分析と、そして企業のニーズに合っている自分になり切る。
ここまできました。
あとは、あなたと企業の相性が合致しているかを確かめていく作業をしましょう。

自分は、本当にこの会社に行きたいのか?
そして、あなたは本当に相手の企業が求めている人材でしょうか?
その相性を確かめる方法をこれから伝授いたします。

相手のニーズに合っているかを考えるだけではなく、実際に採用されて、その企業で仕事をしていると思って下さい。

まず、一日の始まり。
通勤の時の事から始まって、会社に着いてデスクで仕事をしています。
「会社で新しく同僚になった人、社内の雰囲気は、どうだろうか?」
「お昼はどこに食べに行こうかな?」
「窓からはどんな風景が見えるのかな?」
そんな些細な事で構いません。

実際に、その会社で勤めている時の様子を強く思い描いてみて下さい。
思い描いていただく事が出来たら、今度はその様子を少し客観的に見て下さい。
冷静になって見ていただいて、その時に改めて仕事内容について、あれこれ妄想を膨らませて考えてみると、求人情報には書かれていないような実際のところが見えてくると思います。

例えば身につけるもの、服や時計、車などでもそうです。
「この新しい服を着て出かけたらどうだろう?」
「この新しい車に乗ってみたらどんなに快適だろうか?」
新しい服や車を自分の生活に取り入れた事によって、快適な毎日を楽しんでいる場面がこと細かに浮かんできましたか?

この新しい服や車を楽しんでいる日々を、仕事の場面に置き換えて空想してみて下さい。
希望の会社に入って仕事を始めたら、自分は一体どんな楽しい毎日を送るんだろうか。
そこを、強くイメージしてみる事から始めて下さい。

求人情報の裏には、どんな現実がありそうか。
想像力を働かせてみて下さい。
イメージする事により、あなたに合う会社がきっと見つかります。



企業のニーズに合わせるためのスリーステップ

最後に、あなたという商品が企業のニーズに合致する為の三つのキーワードを書いておきます。
・ 出来る
・ やりたい
・ 雰囲気に馴染む

「出来る」はもちろん、あなたがやってきた事、経験です。
続いて「やりたい」は文字通りあなたのやりたい仕事です。
今までのあなたの人生をこれまで述べてきた方法で自己分析をし、やりたい仕事を見つけましょう。

そして「雰囲気に馴染む」は仕事との相性もそうですが、それよりも社風や環境に適応できるかを考えましょう。
三つの条件が揃って、あなたはようやく企業のニーズに合致していると判断されます。
これまでの流れとしては、まずは自己分析をしてあなたのやりたい仕事とやりたくない仕事を決めます。

次にやりたい仕事の職種や業界の企業分析をして、企業とあなたのニーズが合っているかを考え、ニーズが離れていたら、どれだけすり合わせられるかを考えます。

最後にあなたの希望と合いそうな求人情報を入手します。

このページの先頭へ