ライバルが知らない!面接での採用率をアップさせる小道具とは?

面接の際の「最強の小道具」をご紹介しましょう。
これはやはり、私の友人が使った方法です。

面接が決まった時までに準備をしていただく必要があります。
その最強の小道具とは、「前の会社の上司の推薦状」です。
それを無事に手に入れたら、面接の際に面接官に渡す事です。
これはかなりのアピール力を発揮してくれます。

私の友人は、この方法で実際に採用されました。
人間は、たくさんの人が薦めるものや信頼できる人が推薦しているものには、ついつい手を出して買ってしまう習性があります。
この本はベストセラーらしいと聞くと買ってみたり、町で行列が出来ているラーメン屋を見かけると並んででも食べに行ったりしたくなるのも人間の習性だからでしょう。

よく見る雑誌の広告でも、お客様の声がたくさん並んでいると、ついつい信用して、そのものを買ってしまうように、この習性をあなたの転職に生かすには、「前の会社の上司の推薦状」はかなり効果があります。

あなたのライバルの他の応募者は、まず、推薦状などは持っていませんので、これを手に入れる努力をする価値はあります。
この方法を使う時には、前の会社の上司の承諾を得て円満退社をしている。
前の会社との関係が切れていないという事が前提になっています。


私自身は、推薦状を貰う事は出来ませんでしたが、面接の後に、その企業から「調査」として、以前の会社に連絡が入った事があります。
その時、「彼は、仕事も出来て好人物です。」と、言ってもらう事が出来て、その企業に入社した経験もあります。

このページの先頭へ