40代、50代で応募書類を送って書類審査に合格する割合は?

一通り、面接まで終わりました。
あとは結果を待つばかりです。
ここにくるまでに、やるべき事はやりました。
ですから幸運が来る事を待ちましょう。

実際に、どの程度の確率で合格する事が出来るのか。
やはり年齢が上になるごとに、どんどん厳しくなってきます。


特に40 代にもなると、需要と供給のバランスが崩れている状態です。
特に中高年は転職がしづらいという図式になっています。
実際に、私も50 才を過ぎてからも転職活動を続けていますが、面接までいっても非常に厳しいです。
色々な手段で情報収集をして、応募書類を準備して、出します。
ところが、そこで書類が通過するのは30 社に1 社です。

50 才を過ぎてしまうと、そのレベルです。
ですから、その中で勝負をしていくしかありません。
競争率も大変な倍率です。
10 社か20 社ぐらい応募書類を送って、何もなかったとしてもそこで悲観をする事はありません。
私は30 社応募して、ようやく1 社です。
私と同じか、それ以上応募書類を送っていただくべきです。

そして、転職活動ももちろん大事ですが、もっと大事な事は、入社してその後のあなたの人生がどう変わるのかという事です。
企業というものが成立する為には、社員一人が稼ぐ金額のおよそ5 倍の利益を出さないといけない計算になっています。

入社してから会社が倒産したり、前職と比較して収入が低くなってしまうのでは元も子もありません。
そうならない為にも、あなた自身がどう行動するべきか、一生懸命考えて下さい。
また、不幸にも会社から退職を要求された時、つまり「クビ」と宣言された時は潔く今後の事を考えて素早く行動を起こして下さい。

法律的には、会社の都合で「クビ」にする場合は一ヶ月以上の猶予期間を持って通告をしなければなりません。
即日で解雇をする為には、一ヶ月分の給与を支払わなければならない事になっています。
あなたの身を守る為にも一つ覚えておいて下さい。

このページの先頭へ