履歴書に嘘は書いていい?30回転職経験のある私の場合

「30 回転職した事を全部、履歴書に書いているのですか?」
よく聞かれる事ですが、履歴書に書いているのは、7 社までです。

残りの在籍していた会社の事は全部割愛しています。
というのも、20 数社が一日で辞めた、一週間で辞めた、一ヶ月で辞めた、三ヶ月で辞めた、の繰り返しだからです。

会社では最初の一ヶ月から三ヶ月程度までは見習い期間、つまり試用期間を経て、そこから本採用になる形が多いですが、実際に勤め始めてから「あぁ、この会社はダメだな。ちょっと私には合わないな。」と思う事がよくあります。

「マーケティングの仕事がしたいけれど、実はそういった仕事ではなさそうだ。これは違うな。」と思ったら、すぐに辞めるようにしていました。
特に若い時の方が「思い立ったら今」と行動を起こして辞めてきました。

このようにして30 回転職をしてきたのですが、さすがに、それを履歴書に全部書くと、相手は良い印象を持ちません。
履歴書を見て、印象が悪いと書類審査で落とされます。

書類審査に通る為に、私はあえて、在籍期間が短く試用期間で辞めた会社は省くようにしています。
ただし、履歴書にウソを書くことは基本的にやらない方がいいです。
一度ウソをつくと、面接の時から入社してからもずっとウソを貫かなくてはならなくなり、精神衛生上よくないです。

このページの先頭へ