面接の最後に「何か質問はありませんか?」て聞かれたら質問したほうがいいの?

諸々の質問が終わった後に「何か質問は、ありませんか?」と聞かれます。
この、あなたからの質問ですが、基本的にはこれは聞いた方がいいです。
なぜなら、面接官も質問をしない応募者よりも、質問をする応募者に対して、熱意を感じるからです。

ですから、この場面になったら質問をした方がいいです。
面接を受ける中で、色々な説明を聞いてしまったから、こちらから質問をする事は無いとは思わずに、敢えて質問をした方がいいです。
面接の流れの中で自己PR はしていますが、相手の質問に即した形での自己PR です。

この最後の「質問はありませんか?」もいってしまえば、転職に熱意を持っているあなたの自己PR のチャンスです。
もしも、最後にあなたからの質問をしない場合というのは、よほど時間が詰まっている、あるいは面接が不首尾に終わったという様子が先方の態度から感じ取れた場合です。
そうでない時は、必ず質問をして下さい。
質問をする時も、たくさん質問をするのではなく、一番重要なのはタイミングです。
「質問はありませんか?」と聞かれた時に、「はい」とタイミング良く答えれば、積極性があるという判断もされ印象が良くなります。

続いて、どういった質問をすればいいのかという事についてです。
一番いい質問は、当たり障りのない事です。
まず、面接官もその方がやりやすいです。

具体的には、
会社の人事の制度についてもっと知りたいです。
会社の社風、カルチャーについて。
会社の将来のビジョンについて、事業計画について。

などの当たり障りの無い事です。

質問というよりも、確認レベルで聞くのが一番いいです。
面接官が答えやすい事を聞く、面接官がやりやすいように聞く。
相手の気分が良くなるような質問をする事を心がけて下さい。
そうする事によって、あなたの印象はもっと良くなるでしょう。



質問したら面接官の心象を悪く質問について教えて!

逆に、仕事内容について、待遇面について、残業についての質問、教育制度がありますかといった質問はNG です。
そういった質問は やめた方がいいです。

なぜかというと、教育制度に関しては、会社は学校ではないですよと。
残業について聞くという事は、あまり働きたくないという事なのかと。
待遇面についても同様で、仕事よりも楽する事しか考えてないのかと。
仕事内容についてとなると、何も下調べをしてきていないのかと相手にとらえられてしまいます。

こういった質問は、かえって面接官をイライラさせてあなたの印象度で言うとマイナスになります。
「質問力」と言う本がベストセラーになっていますが、質問の仕方一つで、こいつはできる奴かできない奴かを判断される時代です。
例えば、聞きづらい残業や待遇面に関する質問でも聞き方一つで、悪い印象を与えずに聞き出せるものです。
残業するのは全然問題ないのですが、一日に何時間くらいなのか目安を知りたいので教えてもらえませんか?
休日出勤するのは全然問題ないのですが、休日は月に4 日くらいと考えておいたほうがよろしいでしょうか?
このような聞き方だと「残業は何時間くらいですか?」と直接聞くより印象が違ってくるものです。

下調べをして、それを基に仮説を考えて確認してくる、そんな質問をしてきた場合は好印象になります。
逆に、面接の前に会社の事をしっかり調べてないと思われる質問や目的のはっきりしない質問はあなたの評価が下がる危険な質問ですので、注意して下さい。

給料、待遇面についても、内定が出る前に、こちら側からは触れない方がいい質問になります。
中途採用の面接の場合、給料、待遇面については向こうからふってきます。
ですから、こちらから敢えて質問をして確認をする事も無いはずです。

そして、待遇面の希望について聞かれた場合は、「御社の規定にお任せします。」という無難な答えをして下さい。
給料、待遇面に関しては、面接官も言いづらい部分があると思いますし、聞きづらい部分ですが、希望を聞かれたら無難に答えて下さい。
希望を聞かれない場合、どうしても気になった場合は、確認をする程度で質問をしてみればいいです。
募集欄には、給与モデル(30 代で月収○○万~ )などの形で書いてある事が多いので、そこから会社の規定を想像して下さい。

前職がどうであっても、そんなに突拍子もない金額を払う企業は無いです。
企業側としては、給与は「規定通り」で払う事にしているので、そこは無難に「規定通りで結構です。」というのが、一番当たり障りが無くていいです。

一つ踏み込んで「ご一緒に仕事をさせていただく事が、私の希望ですので、規定通りで結構です。」と添えるのも熱意のアピールになります。

これまでの私の経験で「幾らぐらい欲しいですか?」と質問をされた事があります。
その時の言い方としては、
私は、年収一千万の仕事をする自信がありますが、今回は初めてですので、まずは御社の規定にお任せします。それで雇ってみて、まず見て下さい。
という言い方をしました。

要はお金は二の次。
とにかくその仕事をやりたい、お金には固執していないんだなと相手に思わせる事が大事です。

このページの先頭へ