入社希望の会社の情報を入手する具体的なテクニック

入社を希望する会社の事を研究する為には、その会社の資料が必要になります。
情報収集方法のテクニックをお教えしましょう。

日常的に、情報源としてはまず新聞、雑誌、これは業界誌なども含みます。
そして、その会社のホームページです。

さらに、会社四季報と有価証券報告書といった資料が一般的にあります。
そして、帝国データバンクや東京商工リサーチ等のサイトからも有料で情報を仕入れる事が出来ます。

また、求人情報を徹底分析する事も当然必要でしょう。
これらの資料は、今ではほとんどインターネットから調べる事ができます。

検索方法としては、志望する会社名をヤフーやグーグル等の検索窓の入力して、検索すれば、その会社のホームページは出てくるでしょうし、「会社名 会社四季報」「会社名 有価証券報告書」「会社名 業界紙」等で検索すると色々とその会社の情報にヒットするでしょう。

また、インターネットで、志望する会社のネガティブな情報を調べたい時は、「2 ちゃんねる」を利用すると良いでしょう。

「2 ちゃんねる」のようなインターネット上の掲示板は、誹謗中傷や悪口などの一方的な考えも多く、情報としては当てにはならない部分もあるのですが、実際に働いている、もしくは、働いていた人達の生の意見が聞けるので、参考にはなります。

特に、悪い評判は面白いくらいに書かれていますので、ひどい会社かどうかをチェックするには「会社名 2 ちゃんねる」で検索してみると良いでしょう。

最後は、その会社のパンフレットです。
その会社が、お客さまつまり営業先に対して自分の会社の事を説明する為に作っているものです。

さて、そのパンフレットはどのように入手するべきでしょうか?

これも簡単です。
堂々と、その会社に電話をしてパンフレットの送付をお願いするという手段です。
大きな会社であれば受付に置いてある事もありますが、セキュリティ上の問題で受付にたどり着くのが困難な事も予測されます。

ですので、ここは正攻法で
今度、御社の採用試験を受けさせていただく者です。御社の事をよく知りたく思いますので、一部パンフレットの送付をお願いできますか。
と、依頼してみましょう。

直接、電話する事で案外うまくいくもので、パンフレットの入手に成功しやすいです。
この熱意を持って、しっかりと志望する会社の事を研究して成果を勝ち取って下さい。

ただし、志望する会社の研究も重要ではあるのですが、やはり限界があります。
いくら研究したところで、実際は働いてみないと分からないのが、私が30回転職した経験から言える事です。

最終的には、面接に行った際にその会社の雰囲気をつかみ、実際にあなたがその会社で働いているイメージをする事して、ここでやっていけるか、いけないか、を判断する事になります。

このページの先頭へ