面接ではヤクザの親分を見習え!

面接想定問答集を読んでしまうと、あれもこれも覚えなくてはいけない事になってしまいます。
ですから、想定問答集を読むのは止めて自分の事をしっかり考えて、きちんと答えられるようにする、三つの定番の質問が出来るようにしておく、これで十分です。

面接官が見るのは、しっかり答えられるかどうかよりも、答えられなかった場合です。
分からない事を聞かれた場合に、どんな対応をするのか? そこを見ています。
ここの場面で、パニックに陥ってしまうと面接官に好印象を与える事が出来ません。

ただ、私もここで偉そうな事を書いていますが、20 代の頃は面接の場でパニックになる事が多々ありました。
その時に、あなたに一番参考にしてほしいのが、あなたがヤクザの親分になりきる事です。
ヤクザの親分がびくびくしているようでは、相手や部下に舐められますよね。
パニックになりそうな時は、あなたの頭の中でヤクザの親分をイメージし、演技すると、自然に堂々と振る舞えるようになります。

ですから、分からない事でも「申し訳ありません。不勉強で分かりません。」と答えて、堂々と振る舞っていれば、何の問題もありません。
分からない事を聞かれたからと言って、びくびくしているようでは、相手に良い印象を与える事など出来ません。
これをしっかりやっていただけたら、あなたの希望する会社に採用される可能性が高まるでしょう。

このページの先頭へ