転職するときは会社を辞めてから、それとも続けながらがベスト?

転職とは、読んで字のごとく「職を転じる」つまり変える事ですね。
この職を変える事には、多少のエネルギーを費やします。

転職活動をする日数の目安としては、人それぞれなのですが20 代~30 代前半までは一ヶ月程度。
35 歳以上になると二ヶ月、もしくは三ヶ月は見ておいた方がいいです。


転職活動をする上で、
会社を辞めてから転職をするのか、それとも会社に勤めながら転職をするのか、どちらがいいのか?
という事ですが、基本的には、勤めながら転職活動をする方がいいです。
なぜならお金の心配をしなくて済むからです。

ただ、会社に勤めながら、転職活動をする場合にもやりにくい部分はあります。
まず、あなたが在籍している会社での仕事の都合などにより、時間の融通が利かない部分が出てきますので、そこの調整をうまくやる必要があります。

ですので、だいたい三ヶ月くらいのスパンを持って転職期間を考えるべきです。
実際に辞めてから転職をする場合は、まずお金の事が心配になります。
そして焦りが出てきます。

焦りが出てくると良くない事は「もう、ここでいいや。」と、投げやりな転職になる事です。
やはり、収入が無いまま転職活動をしていると、どうしても焦りが出てきて、モチベーションも下がってきます。

ですので、もう会社を辞めてしまった人はアルバイト等をしながら、飯の糧を得ながら転職をしていく方がいいです。
物は考えようで、そういったアルバイトをしながら、転職にプラスになるようなキャリアを積んでいくのも一つの方法です。

その場合は、お金でアルバイトを選ぶのではなく、あなたは今後、どんなキャリアを積みたいかを考えて、選ばれるべきでしょう。
そして、良いように考えれば、在職しながらの転職活動よりも時間の融通が利くので、短期集中して活動すれば、必ず良い結果が得られます。
まずはじっくり焦らずに、転職活動をしていく事が大切です。

このページの先頭へ