履歴書はパソコンで書いたほうがいいの?それとも手書き?

履歴書は手書きの方がいいのか、それともパソコンで作ったもの方がいいのか?」という事を良く聞かれます。

実際にどちらが良いのでしょうか?
まず私のやり方ですが、履歴書は手書きで書いています。
そして、職務経歴書はパソコンで入力して、サインをする箇所だけ空欄にしておいて、最後に手書きで書き込んでいます。

最近の転職本などを見てみると、
「今時、手書きの履歴書なんて古いですよ。」
「パソコンで入力したものを見せましょう。」
というパソコン派と、
「絶対に手書きにするべきです。」
と、手書きにこだわり派とがあります。

これはどちらがいいかではなく、個人のスタイルによりますので、ケースバイケースで、利用していただきたい所です。
私のやり方は履歴書は手書きで、職務経歴書はパソコンで作ったものとの両方合わせ技のやり方です。
私のやり方が面倒臭いよと、あなたが感じるのであれば、パソコンで作っていく方法が合っているのでしょうし、若い企業を受けるのであれば問題はないでしょう。

基本的な考え方としては、履歴書を見せる相手の事を考えると良いです。
つまり、企業側の面接をしてくれる人を世代でとらえると良いと考えています。
企業で採用担当になるのは、会社にもよりますが、40 代後半の年代の人が多いです。

そのぐらいの年代の人達の場合は、履歴書は絶対に手書きにするべきと教わってきて、実際に、手書きにこだわっている人が多いです。

例えばですが、年賀状もそうですよね。
パソコンで作ったといっても、印刷しているものを出すよりも、一枚、二枚は手書きの年賀状が混ざっていると、味があります。

そういう年賀状は目立って、良い印象や強い印象を与えられる事が多いです。
それと同じ感覚です。

年賀状を履歴書に置き換えて考えてみて下さい。
実は、私も企業にいて中途採用の面接を頼まれた時があります。
そういった場合に、こだわって手書きで書いている人の履歴書を好んで読んでいました。

味のある履歴書を書いている方は手書きの人が多かったです。
普通の企業の採用担当は40 代50 代の方が多いので、手書きにこだわりを持っている面接官がいる可能性が高いと考えて下さい。

面接官が50 代の場合、パソコンで作った履歴書は「なんだ、こいつ、手を抜いたな。」と見られて、余り良い印象を与えない事が多いです。

今の20 代30 代の方で応募をする場合、履歴書は手書きがいいのか、それともパソコンがいいのかと悩んだりはしていないようです。
正直、若い方の転職活動では、どちらでもいい部分があります。
面接官の年代が幾つぐらいなのか、若い出来たばかりの企業なのか、そうではないのかを考えて、合致するように作っていけばいいでしょう。
若い企業であれば、手書きではなくて、パソコンで作成したものの方がウケる場合があります。

エクセルの履歴書のひな形を探してきて入力をしてしまえば、時間もかかりませんし、そちらの方がアピールできて良いでしょう。

逆に、受けようとしている企業の面接官が恐らく50 代だと予想出来る場合は、手書きにした方が良いです。
基本的な考えとして、相手が何歳ぐらいなのか、どんな世代かによって方法を変えていこうという事です。

応募先の企業の事を想像して、世代で見て手書きの方が効果的であるのか、それともパソコンで作ったものを出力した方が効果的なのか、をじっくり考えれば、自ずと答えが出るでしょう。

ポイントとしては、そこになります。
ただし、職務経歴書はパソコンで書いた方が良いです。

具体的な経歴の内容を詳しく読む場合、手書きだと書く人の癖もあり、読みづらい事が多々ありますので、履歴書で手作り感を出し、職務経歴書であなたのキャリアをアピールしましょう。

このページの先頭へ